土佐花日記

高知の小さな花屋の日記です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿蘇ツーリング

9月11日(日)に松崎さん、中内さん、みっさん、僕の4人で阿蘇へツーリングに行って来ました。

10日(土)の23時に弘岡のスリーエフに集合です。僕が1番に到着し待っていると、みっさんが来ました。

2人で待っていると原付のスクーターの人が後ろにつけてきました。嶋田さんでした。お見送りに

南国から原付で来てくれました。松崎さん、中内さんも到着し出発です。

集合2

布施ケ坂、鬼北町と休憩してから八幡浜手前で給油&休憩に寄りました。

給油&休憩

深夜、2時頃なんでお腹も空いて皆で食べていると雨が降りだしました。逃げるように八幡浜の

フェリー乗り場に向かいます。

自分だけがズボンのチョイスが悪くてびしょびしょでした。が無事に到着です。

びしゃびしゃ!

チケットを買いに行きます。2時50分発なんで急がないと。

チケット売り場(行き)


購入しました。750cc以上の2輪は5150円でした。

チケット

積み込み開始です。二輪からのようです。原付の時よりスムーズな気がしました。

フェリー(行き)

積み込みも終わりしばしの休息です。早く寝ないと朝が来てしまいます。

フェリー内(行き)

疲れてるんですぐに寝れました。みっさんはなかなか寝れなかったみたいですけど。

7時までフェリー内で休めるので6時半に起床して7時位に船から降りました。

臼杵フェリーのりば2

いざ、出陣です。

臼杵

別府港の食堂が6時半から開いてると書いてるんで行ってみるも昼前からと言われて

明礬温泉の食堂に変更しました。

やっと朝食タイムです。もう9時頃でした。

注文してからも遅くてイライラしました。やっと来ました。

朝食

湯の里満喫御膳です。とり天と団子汁がついてます。

湯の花プリンと温泉サイダーも付いてます。満喫です。

サイダー&プリン

ゆっくり話しながら食事をしてたんで10時過ぎてます。

やまなみハイウェイに向かいます。ちょこちょこ迷いながらも進んでます。絶景です。

やまなみハイウェイ2

ここからは観光バスが結構走ってて渋滞気味でした。あまり寝てないんで眠いです。

が周りの景色が奇麗になると目が覚めて最高に気持ちが良かった!

阿蘇の火口まで結構な距離がありましたが、もう少しで到着。

山上手前7km位

あと7㎞程です。火口手前の草千里に着きました。ここの辺りまで来ると風が強くなってきて

気持ちが良かったです。ちょこちょこ撮影タイムです。

草千里

もうすぐに火口入口でした。100円払って火口付近まで上がって行きます。

ここら辺はバイクは数える位しか居ませんでした。

やっと着きました。周りの人も火口を覗いては「なんでグリーンながやろう?」

と皆、行ってました。僕もそう思ったけど。

火口2

確かにエメラルドグリーンっぽくて綺麗でした。みっさんは何処に行っても

一人はぐれて記念撮影したり見学したり満喫してました。

皆さんで。

火口

阿蘇を下りながら米塚の撮影ポイントを探します。この辺りかな?

米塚

むかしむかし、阿蘇は大飢饉にみまわれました。食べるものがなくて困った人は、飢え死にしたり、草を食べたりしていました。阿蘇の神様は、かわいそうに思って、手に米をすくい取り、空からふらしてあげることにしました。

 そうしてできたのが、現在の「米塚」だと言われています。


次は大観峰に向かいます。ここからあまり距離はありませんがバイクと車で少し渋滞。

阿蘇→大観峰

到着してびっくり。小さなバイクイベント位の台数が出入りしてました。

馬肉コロッケと牛肉コロッケを買って皆さんで分けて食べたがやはり牛肉の方が

甘くて美味しかった。馬肉の方はソースかけたいカンジ。

昼食を食べずに夕方が近づいてるんで撮影して食事に向かいます。

大観峰2

時間的になかなか開いてるお店がなく暫くウロウロと。

7時頃に津久見市のうみえーる汐の音に着きました。

海鮮丼は売り切れでひゅうが丼を注文しました。うまかった!

津久見ひゅうが丼とは・・・
 明治時代からまぐろの遠洋漁業基地として栄えた保戸島の漁師が過酷な漁の合間に手早く栄養が取れるようにと考案された漁師料理です。まぐろの赤身を切身にして、ゴマや醤油・砂糖などの調味料とねぎなどの薬味を入れたゴマだれと和え、アツアツのご飯の上にのせた丼です。ゴマの風味が食欲をそそる一品!!

 ひゅうが丼という名前の由来は、過酷な船の上で漁師たちが風の強く吹く日でも火を使わず食べられる料理なので、風の音が”ひゅーひゅー”と聞こえることから”ひゅうが丼”と名付けたという説など諸説がありますが、未だに謎である。

ひゅうが丼750円

汐の音




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 津久見駅



海鮮丼は1日限定5食らしいんで幻です。ここから30㎞ほどで佐賀関港です。

8時10分頃に到着したんで9時の出港まで待ち合いでゆっくりテレビを見てました。

ここでお土産は買おうと決めてましたが閉店でした!(>_<)9時前にバイクを積み込みます。

フェリー(帰り)2


疲れてたんでソファーに横になり5分ほどで寝て、10時の佐田岬に着岸する頃までぐっすりと寝れました。

メロディーラインを走り八幡浜で給油して鬼北町で休憩。檮原からまたもや雨が降り始め布施ヶ坂で

雨合羽を着用して深夜の2時頃に弘岡のスリーエフに到着。軽くおにぎり等を食べて流れ解散しました。

日帰りでしたが自分の想像してた以上に九州は楽しくていい思い出になりました。

また、行ける様に仕事頑張ろっと!ご一緒した皆さん、お疲れ様でした。

今回のツーリング717㎞でした。 イカニャンでした。m(__)m
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

イカニャン

Author:イカニャン
FC2ブログへようこそ!

 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。